暗号通貨を利用したフィンテック

我々は次世代のジャテックの手段として暗号通貨に投資することを認識している。

まず、暗号通貨を保有しながら、その暗号通貨の登落に伴う相場差益を狙って投資をした。今でも暗号通貨投資の大勢といえる。

二つ目は、取引所や個人が暗号通貨プール(DEX)を開場しているところに投資をすることである。この時、取引所やDEX運営者は、自分たちが運営するコインを担保の形で提供し、顧客が委託したコインを迅速な取引に活用し、このとき発生する手数料を顧客に分けてズームすることで顧客と利益を共有する方法だ。これを「DeFi」という。

この財テクの方法は単にコインを保有し、相場差益だけを狙って単純保有だけするのではなく、そのコインを仕事をさせて利益を得る方法となっている。

もちろん、暗号通貨の特性上、常にリスクのリスクはあるように設けられており、信頼性の高い取引所であるほどその配当は少ない。

私たちはこの「DeFi」を私たちの再技術に活用したいと思います。
最も安全度の高い「バイナンス取引所」とやや危険度があるところだが、収益を少し高く得ることができるところに適切に投資して顧客の再テクに応えたい。

1. 「DeFI(Decentralized finance)投資」とは何か?

最近、コインを活用した新概念金融を「Decentralized Finance」と呼ぶ。
ディファイは文字通り脱中央化された金融システムを指す。政府や中央機関の統制なしにインターネット接続のみ可能であれば、ブロックチェーン技術で多様な金融サービスを提供できることを意味する。

つまり、単に「コイン=貨幣」ではなく「システム」に近い。人工知能(AI)、ビッグデータのような革新技術のように目に見えないが強大な力を発揮するように、コインはすでに複数の事業とシステムで活発に使われている。特に金融圏で最も活発に使用されるが、これはコインが持つ「脱中央」特性のためだ。

すでに数年前もディファイの初期概念に基づいたサービスが発売されている。 2018年にメーカーダオ(MakerDAO)、ダルマ(Dharma)など7200万ドル規模のアクティブローンサービスが行われた。

ディファイは仲介人が必要ない。例えば、既存の金融機関がなくても預金や融資、取引、投資、保険など、すべての金融サービスを24時間開いているネットワークを通じて便利に利用できる。

また、これまで利用してきた金融サービスは、関連銀行、証券会社などが決定して提供してきたものとは異なり、利用者の合意を通じて新しいサービスを利用できるという点も特徴だ。

(記事の引用: http://www.fortunekorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=20400)

2.どこに投資するか。

我々は、取引所の中で最も安全と言える「バイナンス取引所」と他の取引所または有数のDEX(Decentralized Exchange - 脱中央化取引所)を活用する。

バイナンスなど取引所は中央化された取引所と言え、DEXはオープンソース形式で運営される暗号通貨またはブロックチェーン市場をいう。

すべての暗号通貨投資はリスクが存続する。そのため、安全度の高いところと低いところを適切に組み合わせる必要がある。 (さらには銀行も破産の危険度が相続する。)

安全度が高いところは利子配当率が低く、安全度が低いところは利子配当率が高い。

3. いかに投資するか。

最近はYouTubeに見ると多くの資料が公開されているので、個人が少し勉強するだけで、いくらでもDeFiで投資収益を得ることができる。しかし、一人で投資してみることが躊躇する人は、私たちのシステムを活用すればよい。

以下の申請書を作成し、私たちに暗号通貨を送金すればよい。
私たちはそれに対応する私たちのKGE_Coinを担保の形で提供します。
いつでも私たちとの契約を解除でき、本人が個別に投資することができる。

4.収益はどのように配当されていますか?

我々は投資家に年±12%(月±1%)程度の配当をするだろう。
推薦者には別途投資家が受ける配当額の10%を支給する。

「DeFI投資」委託申込書

“DeFI Investment” Consignment Application

Cryptocurrency deposit address

BTC:  1JUMJPW9pTdzvMNgeng1geqZygL8bBpJMW 
ETH:  0x1a47306a0f6d1f8f21567e90ff64fa4ac3cca083
USDT: 18fKV6XNVSbQAjup3mEZgoWbSTP4wkgBM9 

arrow&v
arrow&v

Thank you for applying.